法務ログ/Beyond happy paradise

法務ネタ・留学(LL.M/法務部員・弁護士)を中心に記載しています。

留学(LLM) 渡米後の生活費確保について

渡米後の生活費確保について、一般的と思われる方法を備忘録として残しておきます(ここでいう「確保」は原資を集めるという意味ではなく、原資を米国に移動させるという意味です。)。

 

LLM留学のような年単位の留学の場合、決済を日本のクレジットカードのみで対応するのは少々厳しい(手数料等の損が大きい)と思います。ですので、①送金用口座及び送金用ドルの準備、②米国で口座を開設、③日本の銀行から米国の口座に送金、④米国口座のデビットカード利用and/or米国口座からドル建てクレジットカードの引き落とし、というのが一般的です。

 

1 送金用口座及び送金用ドルの準備

 詳細は3で記載しますが、送金はネットバンキングで行うのが通常です。ですので、国内にいる間に、海外送金の可能な銀行口座を開設しておく必要があります。日本人留学生の多数派はprestiaを利用しているようです(なお、主要銀行だと、2017年現在、みずほ銀行はネットバンキング経由の海外送金ができないので注意。)。これは、prestiaの手数料が比較的安価なことに加え、2017年以前に渡米した場合、「海外大学院留学サポートプログラム」によって海外送金手数料が無料になることが大きいのだと思います。上記プログラムは受付が2017年5月までとなっていたので、2018年以降渡米の方が利用できるかは不明ですが、渡米前にprestiaに確認することをお勧めします。

なお、3で記載するとおり、prestiaは送金先口座の登録に時間かかるので、三菱東京UFJ(BTMU)のグローバルダイレクトサービス等と併用する方もいます。

レート・手数料で損しても良いのであれば、ドルの事前準備は不要(送金時に円に両替)ですが、少しでも費用を浮かせたい場合、(a)マネーパートナーズ又はYJFX等のFX口座を利用して両替する、(b)prestiaの両替手数料無料キャンペーン時に両替する、といった方法があります。

 

2 アメリカでの口座開設

 個別(銀行/支店/担当者)に対応が違う場合もあるようですが、基本的に、(a)パスポート(F-1ビザ)、(b)I-20、(c)日本の身分証明書(運転免許証)、の3点があれば口座開設が可能なようです(賃貸借契約書の提示が必要という説も聞いたことがありますが少なくとも私は要求されませんでした。逆に(c)は不要な場合もあるようです。)。

 なお、ニューヨークの場合、666 5th Avenueにあるciti bankには日本語が通じる行員が複数いるため、多くの日本人留学生はここで口座を開設しているようです。

 

3 アメリカへの送金について

 アメリカでの口座開設が完了した後に、日本の口座のネットバンキングで海外送金することになります。なお、prestiaの場合、海外送金先口座の登録には、(a)サイン又は押印(銀行に届け出ているいずれかの方法)をした海外送金口座登録書の提出(海外からの場合は郵送)、又は、(b)トークンを利用したウェブ上での登録、が必要になります。

 (a)は海外からだと郵送+登録手続で1週間程度はかかるので、その後の送金に要する時間を含め1週間以上かかると考えておいた方が良いです。また、届出方法としてのサイン筆跡確認はある程度厳密なようなので、渡米前に印鑑に変更しておいた方が安全です。

 これらの登録手続きが面倒な場合、BTMUを使うと登録手続なしで送金が可能です。

 なお、prestiaの場合、外貨キャッシュカードを作っておけば、米国のciti bankのATMからドル預金を直接引き出すことが可能なので、それをATM経由で移すことも可能です(ただし、一日当たりの引出上限があるので、少しずつしか移せません。)。なお、通常のキャッシュカードでもドルの引き出しは可能ですが、その場合、円預金を両替して引き出す形になるので両替手数料等が結構かかります。

 

4 デビットカード及びクレジットカードについて

 通常、アメリカでは、キャッシュカード=デビットカードとなるので、口座を開設すればデビットカードは自動的にもらえます。

 クレジットカードについては、銀行発行のものは入手が難しい(スポンサーレターが必要、限度額と同額の定期預金が必要等)ようです。ANA又はJALのドル建てカードは、比較的入手しやすいようですが、やはり、スポンサーレターを要求される場合がほとんどのようです。

デビットカードは、クレジットカードと同等の感覚で使用できるので、ポイント(又はマイル)を稼がなくても良いのであれば、クレジットカードなしでも1年間持たせることは可能です。

留学(LLM) 保険関係

1. 健康保険

 米国LLM留学の場合、アメリカの健康保険に加入することが必須(大学から要求される)です。そのため、LLMの期間については大学指定の保険に加入するということで問題ないかと思います。

 もっとも、大学指定の保険は「外部の診療機関を受診するには、大学内の病院で初診を受けて紹介状を取得することが必要」といった条件が付いているのが通常です。外部診療機関であれば日本語の通じる病院も多いと思いますが、大学内の病院は日本語が通じることはめったにありません。そのため、損を承知で、「大学指定の保険+日本の保険会社の保険(こっちは紹介状なしで外部診療機関を受診可能。日系病院のキャッシュレスサービス等もある。)」という二重加入をする方もいるようです(約款上本当に大丈夫なのかよくわかりませんが…)。

 なお、大学側の要請する保険要件(大学指定の保険をwaiverする条件)は「大学指定の保険と同程度の内容で、かつ、アメリカの保険会社が提供している保険に加入する」というものですので、「日本の保険会社の保険」に加入しても、waiveは認められないようです。

 

2.損害賠償保険

 加入するかどうかを含めて検討の余地がありますが、個人的には加入しておいた方が安心だと思います。私の周りでは、グローバルプロテクション社の保険に加入している方が多いです(同社の場合、加入手続きに時間がかかるので出国前2か月程度から手続きを開始した方が良いです。)。

留学(LLM)予防接種

米国の大学は授業受講の前提として予防接種を要求しているところが多いです(合格後、具体的な指示がなされます。)。

 

①進学先の要求する予防接種の内容の確認

②自身の過去の接種歴の確認(通常母子手帳にて確認。母子手帳がなくなってしまっている場合、病院での血液検査で抗体をチェックする必要があるようです。)

をした上で、大学の指定フォームを病院に記入してもらう必要があります。フォームは英文になりますので通常の病院では対応が難しいと思いますが、東京の場合、日比谷クリニックや霞ヶ関ビル診療所等の病院が、留学生向けに予防接種+英文フォーム記入を行っているようです。

 

大学側の要求内容と自身の接種歴次第で複数回の接種が必要となる場合もありますので、出国前2か月程度から準備を進めた方が良いと思います。

 

 

なお、病院側でフォームの記入について誤りが生じる場合があるようですので、誤りがないか自らチェックすることが重要です。

留学(LLM)US Visa(F-1)取得について

 F-1 Visaの取得手続きについて備忘録としてまとめておきます。

なお、日本のアメリカ大使館によると3カ月前までの手続き開始が推奨されていますが、出国まで2か月あれば大体間に合います(大学が迅速に対応してくれることを前提にすれば1カ月での取得も可能かと思います。)。

なお、ビザ手続きは変更されることも多いので参考程度に考えてください。

 

  1. パスポートの取得及び確認
  • Visa取得の前提として留学期間+半年の有効期間のパスポートが必要
  • 未所持の場合は速やかに申請
  • 既所持の場合、①有効期間の確認、②記載事項変更の有無の確認(氏名・本籍地等は取得時から変わっている可能性有り)。①と②の関係でパスポートの更新手続きが必要となる場合、下記I-20等の取得手続前に更新が必要です(パスポート番号が変わってしまうため)。
  • パスポートの取得又は更新は、東京在住であれば1週間程度で対応可能
  1. 米国への入国後最初に通う大学の確定→I-20の取得
  • Summer Schoolから通う場合Summer Schoolの大学、LLMのみ通う場合LLMの大学がこれに該当します。
  • I-20は最初に通う大学からのみ取得します(Summerに通う場合、LLMのI-20は(SummerとLLMが同じ大学でかつI-20を一体にしているような場合を除き)出国段階では不要です。入国後、LLMが始まる段階でTransferという手続きを行って取得します。)。
  • I-20は、大学によるAdmission後、留学者が申請してから1週間程度で発行される場合が多いようです(担当者に大きく左右されますが、出国が迫っていれば割と急いでくれるようです。)。I-20は原本である必要があるので、米国から日本に届くまでもう1週間程度かかります。
  1. 米国大使館提出書面の作成等

      以下は、I-20の到着待ちと並行して進めることも可能です。

  • DS-160の作成
  • SEVISの支払い(2017年は200US$)
  • Visa申請料の支払い(2017年は18,000JPY)
  1. 大使館面接
  • I-20の取得+上記3の書面作成後、ウェブサイトにて面接を予約。なお、出国が迫っている場合は例外的にI-20の原本取得前でも面接の予約は可能なようです(その場合も面接の時点ではI-20の原本が必要なようです)。
  • 面接は、30分単位で時間を予約する(8時30分~12時とかだったと思います。)ことになっていますが、実際問題、この時間はあまり意味がなく、着いた方から面接している印象です。
  • 面接当日は、大使館前の道路に並んで待たされます。基本的に早い時間に行った方が待ち時間は短いです。また、持ち物制限が厳しいので注意が必要です(大きめのバッグ等は原則不可のようです、お目こぼしになっている場合もあるようですが…)。
  • 面接自体は、銀行の窓口のような場所(部屋ではなくオープンスペースです。)で数分程度行われます。LLMに限れば費用証明(スポンサーがいればスポンサーレター、自費なら銀行の残高証明)が万全であればほぼ問題ないと思います。

留学(LLM) 合格基準について

日本人のLLM留学における、合否はほぼほぼTOEFL(+コネ・法曹資格の有無)で決まっているように思います(例外的にハーバードはGPAの比重が高い。)。推薦状(推薦者が出願先とコネのない方の場合)、Statement of Purpose(SOP)及びResumeも無関係ではありませんが、これらは加点要素というよりも「日本人間の競争においてTOEFL(+コネ・法曹資格の有無)が同点で並んでいる場合の比較要素」と考えた方が妥当です。

 

日本人の出願が多い学校の大雑把なイメージとしては、

 Harvard・Stanford

---------105点以上+α(GPA等)の壁------

 Columbia・Chicago

---------105点以上の壁------------

 Penn・NYU・Berkeley

---------100点~105点の壁------------

 Virginia・Michigan・Duke・Northwestern・Cornell・Geogetown

-------100点~95点の壁-----------

 ULCA・USC・Boston

--------95~85点の壁------------------

といった感じです(上記の「壁」はこれを超えていないと足切りされるという意味ですが、例外はあります。)。コネがあると壁が1~2個下がるイメージです。

 

ただ、当然のことながら、受かりにくい学校が「良い」学校なのではなく、実際の進学先決定においては専門分野等が考慮されていることが多いです。

 

なお、Agosが過去の出願結果(各出願者のTOEFL、GPA等とその合否)を無料で公開しているので、出願先の選定においてはこれが参考になると思います。